2018/07/20

利用者、スタッフとの人間関係はしっかり考えておくべきでしょう

ヘルパーは、訪問介護の仕事をすることになります。施設で働く仕事とは異なっており、多くの利用者と接することはありません。自分が訪問する家の利用者との人間関係が一番大切になります。一人で暮らしている人が多いので、利用者の自宅に行くと歓迎してもらえることもあります。しかし、気難しい人もいますし、認知症を持っている利用者だったら、接することが難しい場合があります。意思の疎通がうまくいかずに、トラブルが起きることを防がなければなりません。依頼されている介護のサービスを提供することが大切ですが、自分が家を訪ねる利用者との信頼関係を作っていくことが、さらに重要になります。

食事を作ったり、掃除をすることを頼まれることもあります。ヘルパーの仕事は男性でもできますが、女性に向いています。普通の会社では、同僚や上司との人間関係が大切になります。人間関係がうまくいかなくて、転職を考える人の数は多いです。この仕事の場合は、一人ですることが多いので、同僚や上司のことを気にする必要はそれほどありません。もちろん、介護の研修を受ける時などは同僚と協力することが必要になりますが、それ以外の時は自分のペースで働けるメリットがあります。普通の会社で人間関係に悩んでいる人には、お勧めの仕事です。ただし、人と接する機会は多いので、社交性のない方には向いていません。人間が好きで、どんな人とも気安く接することができる人に適した仕事です。ヘルパーの方が接する人たちとの人間関係についてのコラムや人間関係を改善するための方法など知っておくといい情報は人間関係改善術~介護業界編~へ。