2017/12/16

利用者、スタッフとの人間関係はしっかり考えておくべきでしょう

ヘルパーの仕事は、人それぞれの要介護者の自宅に行って日常生活におけるサポートを行なうのが主な仕事になります。一般的な介護施設であれば、複数の職員で大勢の介護者のケアを行なう仕事になるので、仮に利用者と職員の人間関係で上手くいかないことがあってもシフトや担当を変えると言った対応が可能です。それに対して1対1で向き合う訪問介護は、トラブルが起きてしまった時に利用者が事業所そのものを変えてしまうというケースも考えられます。そのため、ヘルパーは与えられた仕事をこなすのはもちろんのこと、利用者との信頼関係を築き上げることも重要となるのです。人間である以上は気が合う、合わないといった問題が出るのも仕方ありませんが、だからといって相手を選んでいては訪問介護の仕事はできません。利用者それぞれが何を求めているかをしっかりと見極めて、相手に合わせる対応力も必要と言えます。

介護の仕事をしている人の中には、施設で働くよりも訪問介護の方がストレスを感じないという人も少なくありません。これは職員同士の人間関係が主な理由です。どういった職種であっても職場で良好な人間関係を築くのは仕事をスムーズに行なう上で欠かすことのできないポイントになります。仕事において職場での人間関係が良好に築けなかったことで会社を辞めてしまう人も少なからずいるのが現状です。ヘルパーの仕事ではでこういった人間関係が必要がなく、気楽に仕事に集中できる環境とも言えます。